家族皆のスマートフォンを格安SIMへ替えての家計の見直し

元々ここ数年の収入では、月の支出が賄い切れない状況が続いていたので、何んとか切り詰められるものがないものかを模索していました。がん保険の見直しなども検討しましたが、実際加入している内容を他社のものと比較したりすると、良い補償内容であったり、費用の妥当性もあったりと、替えるまでには至らなかったりしました。

そんな中、今の家計で「高すぎる」と思えたのが通信費でした。特に家族の中の3人が利用しているスマートフォンの利用額でした。基本的には3人で月額2万4千円程度で抑えられる筈が、データ量不足で追加オプションを利用したりすることで、3万5千円にまでなってしまう月もあったのです。これは見直す価値が大きいものだと考えました。

所謂「格安スマホ」「格安SIM」を利用することで、スマートフォンの利用額を大きく下げられることが出来るのです。妻はスマホのゲーム利用が多く、キャリアでの契約の3GBを毎月超過してしまい、データ量追加のオプションを数回使っている状態ですが、格安SIMなら6GBでも2千円前後で利用することが出来ます。

色々調べた中、我が家は家族揃って、「IGLOBE SIM」へ乗り換えることに決めました。元々家のインターネットプロバイダーとして利用していたものなので、月額利用額から200円の割引が適用されることも大きかったです。これを機に、それまでスマートフォンを使っていなかった次男にも同時に持たせることにしました。長男は、当初「格安SIM」というイメージに、切り替えに否定的でしたが、iPhone SEへ機種を変えることを条件に賛同を得ました。分割払いで新しく購入しても、以前より全然安くなるのです。

私がメインとなり12GBの契約をし、子供たちへはシェアSIMを与えてデータ量を分け合う形をとり、妻は別途SIM契約をして6GBの恩恵を得ています。新たな本体購入費用などを加えても、これまで2万円後半~3万円半ば程掛かっていたスマートフォンの利用額が、半額程になったのですから家計に与える影響は大きいです。

正直、スマートフォン利用額に相当する金額を毎月キャッシングして凌ぎ、ボーナス時に残高を一括返済するような状況ですので、その負担を大きく下げられることが出来ました。

クレジットカード審査 落ち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です