家電製品使用時の節約方法

◎掃除機
集塵袋やフィルターにホコリがたまったまま使うと、モーターに負担がかかり、そのぶん集塵力が弱くなってしまいます。
集塵袋の交換、フィルターの掃除は頻繁にしましょう。

◎電子レンジ
電子レンジを汚れたまま使用すると、レンジはその汚れまで温めようとするので、余分に電力を使ってしまいます。
レンジの中もこまめに掃除しましょう。

◎炊飯器
炊飯器で長時間保温すると、電力を消費するうえ、ご飯が黄色くなっておいしさも半減してしまいます。
7時間保温すると新たにご飯を炊いたのと同じ電力を消費するとか。ムダに保温をせず、炊き直すか、1膳ずつに分けて冷凍しましょう。

◎エアコン
エアコンのフィルターはホコリなどが詰まっていると風量が低下してしまうので、2週間に1度は掃除を。また扉や窓の開け閉めが多い場合などは、カーテンやのれんを利用すると、空気が外に逃げません。扇風機などを利用すればさらにエアコンの効用範囲を広げることができます。消費者金融 審査

◎冷蔵庫
冷蔵庫は中を冷やすために温かい空気を外へ放出しています。それが効率よく行えるように、上には物を乗せないようにしましょう。
置いたときに比べると、約10~20%の節電に。そしてもっともムダなのが、扉の開けっ放し。せっかく快適な温度を保っていてもわずか数分で冷蔵庫の温度は上がるため、また適温にしようと電力を消費してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です