金欠になった時を切り抜ける方法

まず、基本的に家計簿は付けることが大切です。今はアプリでも簡単にやってくれるので、便利になっています。しかし、それでも時々クレジットを張り切って使い過ぎてしまったり、急な出費で。ということもあると思います。「ヤバい」と思った時にすることは、収支の見直しをします。

まず今、手元にあるお金(銀行の口座も含む)を洗いだし計算します。商品券などもです。

次に、給料までに出ていくお金を計算します。引き落としはもちろん、飲み会やランチ、病院へ行く予定、お祝いの品の購入などを、「○○月×日 何にいくら」というように書き出します。ここで、考えてもらいたいのは、その金額と使い方です。たとえば飲み会やランチはいつも大体いくらぐらいなのか。それが何回で、いくらくらいの出費なのかを計算します。もし、「ごはんでも」というお誘いだったのであれば、「ランチはどうですか?」と値段的にもお得なランチの予定にします。また、お祝いの品などはおそらく少しオシャレなお店やデパートで買う方もいらっしゃるでしょう。そういうお店では商品券が使えますので、現金ではなく商品券を使う事で現金を手元に残せます。また、最終手段としてクレジット使います。たとえば毎月27日が締め日のクレジットの場合、今月の28日にクレジットを切ったものは翌々月の27日に引き落とされます。支払いまでに時間があり、大抵の人は2回くらいお給料日がある事かと思われます。

あとは、要らない物を売ったりして小金にします。

このようにして、上手く収支をできるだけコントロールすることで、ピンチは切り抜けられます。銀行カードローン 審査基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です