総量規制は個人への貸付のみ

カードローンを借りるのに、これ以上の金額は融資できないという、金額に対する枠の取り決めがあります。

それは総量規制というもので、年収の3分の1を超えた貸付をしてはいけないものになっています。

この総量規制は、賃金業法での取り決めであり、対象となるのは、貸付融資を専門に行う賃金業者が対象となります。

賃金業者というのは、例えば、消費者金融業や、信販などが当てはまります。貸付融資も行いますが、その他に預金などの業務も扱う銀行は、賃金業者に当てはまりません。

貸付の種類には、いろいろ合って、個人に向けた貸付、法人に向けた貸付、個人に向けた保証、法人に向けた保証などがありますが、それらの内に総量規制の対象となるのは、個人向けの貸付のみが対象になるのです。

だから個人がお金を借りる時に、年収を確認して、その年収を3分の1を超えないような金額の貸付しか出来ないようになっています。

もしもそれ以上貸付したと解れば、賃金業者は、賃金業法に違反したと言う事でペナルティを課せられますから、賃金業者から貸付を断って来る事でしょう。

もしも消費者金融業や信販において、たくさんのお金を借りたい場合には、自分自身の年収をアップさせる事が必要になるでしょう。

これは、借りすぎないようにする為のものです。借りたい人の収入に見合った貸付でスムーズに取引が行われる為の規制なので、借りたい人にとっても安全性のあるものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です