審査基準をよく理解した上で、安心で安全な申し込みを!

パートやアルバイトをされている方で、キャッシング審査に無事通るのか強い不安感などを抱いている方が多い傾向があります。

しかし、結論から申し上げますと確実な安定した収入がある正社員などと比較すると多少不利になってしまう点もありますがご利用自体は可能です。

また、勤務歴が長ければ長い程相手側からの信頼度などが高くなるので

審査の際に非常に有利となります。

その他にも、大手企業のチェーン店などで現在働いている方や過去にも働いていた経験がある方が断然審査に有利となります。

しかし、審査には通るものの限度額かわ低くなってしまう傾向もあります。

各銀行により、限度額などに関しての内容が異なる為のそれぞれを慎重に比較すると同時によく吟味し理解した上でご自身に合った申し込み先を検討することが非常に大切であり必要不可欠となります。

しかし、1度にたくさんの業者に申し込まない事が大切です。

人気の高いプロミスであれば、30日間無利息で借りられるサービスや土日でも最短で当日融資が可能であったり三井住友銀行に口座をお持ちの方であれば最短でなんとたったの10秒だけで振り込みが可能である他にも金利が4.5パーセントから17.8パーセントと非常に安く済むといった数多くのメリットがあります。

総量規制は個人への貸付のみ

カードローンを借りるのに、これ以上の金額は融資できないという、金額に対する枠の取り決めがあります。

それは総量規制というもので、年収の3分の1を超えた貸付をしてはいけないものになっています。

この総量規制は、賃金業法での取り決めであり、対象となるのは、貸付融資を専門に行う賃金業者が対象となります。

賃金業者というのは、例えば、消費者金融業や、信販などが当てはまります。貸付融資も行いますが、その他に預金などの業務も扱う銀行は、賃金業者に当てはまりません。

貸付の種類には、いろいろ合って、個人に向けた貸付、法人に向けた貸付、個人に向けた保証、法人に向けた保証などがありますが、それらの内に総量規制の対象となるのは、個人向けの貸付のみが対象になるのです。

だから個人がお金を借りる時に、年収を確認して、その年収を3分の1を超えないような金額の貸付しか出来ないようになっています。

もしもそれ以上貸付したと解れば、賃金業者は、賃金業法に違反したと言う事でペナルティを課せられますから、賃金業者から貸付を断って来る事でしょう。

もしも消費者金融業や信販において、たくさんのお金を借りたい場合には、自分自身の年収をアップさせる事が必要になるでしょう。

これは、借りすぎないようにする為のものです。借りたい人の収入に見合った貸付でスムーズに取引が行われる為の規制なので、借りたい人にとっても安全性のあるものだと思います。

インターネットから申し込みが出来るキャッシング

最近ではインターネットの申込みで来店不要のカードローンやキャッシングが注目されてきております。現代の融資系サービスにおいては即日で利用できるキャッシングローンも主流となる環境となって、キャッシングに関連して非常に多くの利用者の方たちに日常的に認められているようです。即日キャッシングにおいては大変にメリット等もありますので、有効的な視点において比較検討されることが非常に重要であります。

即日融資サービスではウェブサイト内でも高い評価になってきており、実績が豊富なサービスなどへとなっています。金融ジャンルにおいてこうした非常に便利な消費者向けのキャッシングでは、満足のオペレータサポートが準備されており、誰でも安心感のあるサービスなどへとなっております。来店不要の即日融資において全体的に見ますと契約方法も多様化する傾向があり、融資に関しても大変スピーディであるコンセプトへと変わってきております。

ここ数年日本ではネットサービスとしての非常に便利なキャッシングサービスについて、納得できる来店不要サービスが人気の時代となっており非常に多くの融資を望まれる方々に効率的にご活用されてきております。即日ローンなど機能的な金融商品に関しても効率的にご活用されていくのも非常に魅力的だと考えられます。

どういった審査基準がカードローンには存在しているのか

お金をカードローンで借りる時には、審査があります。その審査には基準があって、どのカードローンも独自の基準がありますが、たいていは同じような審査が行われます。

その審査の基準と言うのは、年齢は20歳以上かなど、貸し出し対象の年齢であるかと言う事、そして、本人の職業は何かと言う事、職業は職種ではありません。

正社員や、自営業や、パートや、アルバイトや、派遣社員や、契約社員などで良いので、継続して安定有る収入を得ているのかどうかが問題となります。

そして住む家は、持ち家か、賃貸か、親の家か、本人の家かなど、住んでいる家の形態と、居住年数も関連があります。

そして、借入したい希望額が、本人の収入に合った借入額であるかと言う事でしょう。借りたのは良いですが、返済できるかが鍵なので、返済できる能力があるかどうかと言うのが、審査基準の査定となるでしょう。

そして、借入を同業者である他社からの借入があるか、もしもあるのなら、その金額と、その他社の件数にも審査が対象として目を光らせて見られるでしょう。

そして、借入過去暦状況で、金融企業との取引経過でトラブルや事故は無いかどうかも、関連して来る事でしょう。

このような審査基準はどの種類のカードローンでも査定に入りる事柄であるでしょう。

楽天銀行カードローンの特徴

快進撃を続けている楽天銀行スーパーローンですが、人気の理由はどこにあるのでしょうか?

銀行のローンなので年収の3分の1以上の貸し付けを禁止する総量規制の対象にはなりません。

満20歳以上60歳以下で安定した収入のある方なら誰でも申込めます。

パート・アルバイトはもちろん、学生でも申込可能です。

楽天銀行の口座がなくとも問題ありません。

また、自身に収入のない専業主婦でも限度額50万円までなら申込み可能です。

楽天銀行スーパーローンのメリットを紹介していきます。

まず一番は低金利だということです。

楽天銀行スーパーローンの金利は4.9~14.5%です。

大手銀行カードローンと同水準です。

一般的な消費者金融の最高金利が18.0%前後であることを考えると低金利といえるでしょう。

次に申込~返済までインターネットで完結出来ることです。

インターネット環境さえあればホームページで申込みから借入れ返済までの手続きをすべて済ませることができます。

ホームページの申込画面に必要項目を入力して申込みます。

審査結果はメールで届きます。

必要書類はスマートフォンで撮影しアプリを利用してアップロードすればOKです。

借入はホームページにログインし借入を申込めば自分の指定した口座に振込で入金してもらえます。

手数料は無料です。

返済はホームページにログインし返済手続きを行えば自分の口座から振込で返済することができます。

インターネットバンキングが利用できる金融機関の口座が必要になります。

こちらも手数料無料です。

24時間365日 即時借入可能です。

楽天銀行の口座を持っていれば24時間365日いつでも振込で入金してもらうことができます。

ホームページ、または電話で申込むだけ。

収入のない専業主婦でも申込可能ということです。

自身に収入のない専業主婦でも申込めます。

(ただし、限度額は50万円まで)

最近は専業主婦への貸し出しを自粛している業者も多いので主婦にとっては嬉しい味方ですね。

また、配偶者の収入証明書や同意書や婚姻関係証明書など特別な書類も必要ありません。

楽天のCMでよく聞く、限度額200万円までは収入証明書不要。

一般的な消費者金融では限度額50万円以上、多くの銀行カードローンでは限度額100万円以上で収入証明書の提出を求められます。

楽天銀行スーパーローンなら200万円まで収入証明が不要です。

200万円以上の限度額を希望する場合は収入証明書の提出を求められますが200万円以下であれば本人確認書類のみで申込めます。

キャッシングを利用するために必要なもの。

お金が足りなくてキャッシングしたい!と思っても、ただ急にパッと借りれるわけではなく…

申し込みは誰でもできますが、審査を必ず通すこととなります。

そして、その審査に通らなければキャッシングすることはできません。

その審査に必要なものとは?!

一つは、在籍確認をするために職場のことについて聞かれます。

安定した職に、安定した年収が必要となります。

安定していてもある程度の収入にならなければ、審査を通すのは難しくなります。

金額が少ないと不要となりますが、借り入れ金額が多くなった場合は収入証明書も必要になります。

それと、ご自身の身分証明に運転免許証などが必要になります。

もし運転免許証がない場合は保険証や、場合によっては公共料金の領収書が必要となります。

あとは、特に目に見えて必要なものはないですが…

他社にも借り入れがあると『多重債務者』となるので、審査が通りずらいかもしくは通らない可能性が高くなります。

そして、過去に自己破産など債務整理をされている方や、遅滞歴がある方などは絶対審査に通ることはできません。

これさえなければ、普通の人で普通に仕事をされているならほとんどが審査に通ることはできると思います。

融資額は人によって異なりますが、長くお付き合いしてるうちには増額などの相談にも乗ってくれますので、安心です。